2007.03.20 Tuesday   スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-0*RC1 RC2 RC3
2006.09.19 Tuesday   えーちゃんと喧嘩した 泣
きっかけは灰夜がコロちゃん(男)と仲良くしてたから。
いきなりキレられた「お前自分の行動よく考えろよ

はぁあぁああぁ??(艸`OÅO$)怒

ってかんじやった

灰夜が誰と仲良くしようとかってだろうと思ったけど、えーちゃんのことは大事だったから11時ごろから朝3時までずっと一緒に話し合ってたんだけど・・・
灰夜はえーちゃんが灰夜のこと好きなのもしってたし、それを知ってて灰夜もえーちゃんに優しくしてた
えーちゃんには彼女おるしそのことを気にしてなかったっていったら嘘になるけど・・・応援したいし、だけど片方の自分では応援なんてしたくないと思っている

そんな矛盾もあったし

えーちゃんは灰夜が年下扱いするのがめっちゃ嫌だったらしい
最初のほうは男としてみれてた面もあるけど一緒にいるうちにどこか後輩になってきちゃって・・・えーちゃんも灰夜をお姉ちゃんみたいな存在としてみるしかないってかんじで。
灰夜がすることなすこと全部年下扱いに思われちゃうらしくて、
「だから、それが年下として俺をみてるってことじゃん。子供扱いもう直らないだろ」

どっちがどうなのかな。
灰夜は年下扱いまだしてる面があるのかな
それともえーちゃんが過剰に反応してるだけなのかな
話しても話しても出口は見つからなくて、結局振り出しに戻っちゃう。

「もういいよ、めんどくさいし」

もうだめだと思った
何言われたっていいよ
別にえーちゃんと楽しく仲良くいれたら灰夜はどんな関係でもかまわないよ
でもめんどくさいで片付けられるのは嫌だった
灰夜のことめんどくさいで片付けられたくなかった
1番怖い。嫌われるのが1番怖くて1人になるのが1番怖い
「うん・・・もういいよわかったよ。ごめんね嫌な思いさせて」
泣くのを我慢してたけどもうどうしようもなくてなきながらそういったら、ちょっと2人とも落ち着いてきてそこから出口がみえてきた 笑

灰夜のことも好き。だけど本気になれない部分もある。だから彼女を捨てることはできない。

変な結果だけど、これが結果 笑
もっと素直になってといわれてしまいました('□`;)
灰夜は仲良くなる殿方に絶対この台詞をいわれるんだなぁ・・・そんなに素直じゃない
えーちゃんはただ、灰夜が本気になるのを待ってるらしい。
灰夜が本気になるまで彼女のことを自分の寂しさを埋めるモノにするんだよ、最低じゃん
でも灰夜も最低だからそんなことはいわない。どっちもどっち。

灰夜の本気の恋はとっくにもう過去のことで未来にありえることなんてきっと10%もないと思うんだけどなぁ
Friendship0*RC1 RC2 RC3
2007.03.20 Tuesday   スポンサーサイト
-0*RC1 RC2 RC3
comment
post comment